医師

苦しくない肺がん治療法|最近注目されている免疫療法とは

終末期の医療

医者

末期がんと診断されたからと言って、治療方法が全くない訳ではありません。痛みやダルさを上手に取り除くことで、日常生活を過ごすことが出来ます。医師や看護師は全力でサポートをしてくれますし、我慢をせずに話し合いを持つことです。

読んでみよう

体に負担なく治療を行う

カウンセリング

免疫療法を取り扱うクリニックは、大阪でもたくさんあります。人間が持つ自然治癒力に働きかけて病気と向き合っていくため、様々な副作用を抑えるというメリットがあります。また多くの人が入院治療ではなく、日常生活を送りながら通院での治療が可能であるため通いやすいクリニックを選んで治せます。

読んでみよう

肺がんと免疫療法

注射

免疫療法は第4のがん療法

がん療法には3大療法が広く知られています。いわゆる手術と呼ばれているものが外科的療法です。化学療法は抗がん剤治療として広く知られているものがあります。さらに、放射線療法があります。現在のがん療法は、これらを複合させて治療が行なわれています。一口にがんといっても、できる部位によって名称は様々になっており、がんの進行度によっても適応する療法が異なってきます。中でも、最終的に転移しやすい部位として、肺がんがあります。肺がんは、血流からがん細胞が流れてきて肺にできるがんです。肺胞はたくさんあるため、手術が難しい部位となっている上に、抗がん剤も効きにくく、放射線療法では肺という呼吸器官には負担が大きいといった危険性も伴います。そこで、第4のがん療法として出てきたのが、免疫療法です。免疫療法とは、がん細胞に対して攻撃性をもつ免疫細胞を外部から注入することで、肺がんなどの細胞を駆逐することを目的にした療法です。自己の細胞を抽出して、外部で培養して再注入することでより高い効果が望めるようになるなど、免疫療法はすぐれた療法となっています。今後、肺がんなどの特定のがん細胞の改善を目的とした免疫療法が開発されることが期待されています。また、肺がんが初期の状態であれば、外科的療法を行なう場合もあります。肺がんの約二割が小細胞がんとして扱われており、外科的治療による対応になっているのです。非小細胞肺がんである場合は免疫療法がメインとなり、抗がん剤や放射線療法を行なうようになっています。

肺がんの免疫療法の特徴

カウンセリング

肺がんの新しい治療法の一つとして、患者の身体的な負担の少ない免疫療法に注目が集まっています。こうした治療法の成功事例の多い医療機関で専門の医師と相談をしながら、各自の事情に合った治療を続けることがとても大切です。

読んでみよう