ナース

苦しくない肺がん治療法|最近注目されている免疫療法とは

終末期の医療

医者

緩和ケアとは

がんは日本の中でも、最も恐ろしい病気とされています。治療をせずに放置してしまうと、末期がんへと進行してしてしまうため、早めの治療が必要となります。末期がんになると余談を許さないことは事実ですが、QOLを上げる治療方法が幾つかあります。それらを行うことで毎日の暮らしに苦痛がなくなるのです。そのため、早い段階で医師や看護師に相談をするとよいでしょう。まず、最もベースになるのが抗がん剤治療です。末期がんと抗がん剤は結び付かない印象がありますが、抗がん剤には痛みを取る役割があります。抗がん剤の量を調節することで、末期がん特有の激しい痛みを取ることが出来ます。医療用の麻薬も同様で、適切に使用することが痛みやダルさを取り除くことに繋がります。そして、食事面のケアも重要になってきます。体力が低下をすると、噛み砕く力も弱ってしまいます。流動食や点滴での栄養摂取が中心になりますが、食材を細かくして回数を多めに食べることではないでしょうか。感染症のリスクを減らすためには、マスクの着用や頻繁にうがいをすることも必要不可欠なのです。近年は、総合病院においても緩和ケア病棟を設置するところが増えています。患者の意向を最優先して、末期がんに対しても積極的に治療を行うケースもあるようです。大切なことは、治療の方針を自らが決められることです。末期がんだからと言って諦める必要はありませんし、病気に囚われずに前を向くことではないでしょうか。